ロード テスト用の Web アプリケーション タスク を作成する際、デバイスのタスクで使用される変数データを提供できます。 たとえば、さまざまなユーザーのログイン、異なる製品を検索する訪問者、動的な変数を指定して動的 URL テストをシミュレートできます。

例として、複数のユーザーが異なるユーザー名でログインする必要があるログインページのテストを検討してください。 まず、ログインする 1 人のユーザー用のスクリプトを作成し、スクリプトでユーザー ログインとパスワード入力用の コンテキスト パラメーター を設定する必要があります。 EveryStep スクリプト ツールコンテキスト パラメーターを設定および管理するには、「スクリプトへのコンテキスト パラメーターの追加」を参照してください。

スクリプトを保存し、デバイスを構成する場合、動的変数のリスト (動的ユーザー シミュレーションのログインとパスワードのセット) は、テスト シナリオで指定する必要があります。 詳細については、「 テスト シナリオへの動的変数のアップロード 」を参照してください。 「動的変数の使用」ビデオで、プロセス全体の動作を確認します。

  • 動的変数を使用する場合とテスト データセットを生成する方法

    Web アプリケーションのロード テストには、テスト スクリプトの記録が含まれます。 一般に、テスト スクリプトは、アプリケーションへのログイン、Web フォームの検索、入力と送信、または実際のブラウザー ウィンドウでの単純なナビゲーションなど、Web アプリケーションとのエンド ユーザーの操作を再現します。 したがって、実際のユース ケース シナリオと同様に、テスト ケースの大半にはデータ入力手順が含まれます。

    複数のユーザーがログイン ステップを実行したり、一度に異なるデータを含む検索ボックスに入力したりする場合、同じ入力データで Web アプリケーションをテストすると、実際のユース ケースはほとんど再現されません。 さらに、ターゲット Web アプリケーションが同時ログインをサポートせず、同じログインとパスワードの値を持つ複数の同時仮想ユーザーを実行できない場合もあります。

    しかし、各ロード テスト セッションを一意にすることは可能ですか。 答えは、Web アプリケーションのロード テスト シナリオをより現実的にするために必要なのは、テスト シナリオのスクリプトを順次実行することです。 つまり、テスト スクリプトに入力データの動的変数を導入し、ロード テストの実行中に各テスト セッションでこれらの変数に一意の値を使用します。

    動的変数は、次のような Web トランザクションをエミュレートするための優れたオプションです。

    • 異なるユーザー資格情報でログインする。
    • 検索要求の異なるテキストを検索ボックスに入力する。
    • 一意の入力データ(登録時に一意の電話または電子メール アドレス)を含む Web フォームを送信します。

    LoadView では、外部 CSV ファイルからロード テスト シナリオへの動的値のインポートがサポートされています。 ロード テスト シナリオを順次実行する方法があらかじめわかっている場合は、対応するパラメーターの動的値のセットを含む CSV ファイルを作成できます、 EveryStep スクリプト ツール スクリプトです。 LoadView は CSV ファイルから行を読み取り、ロード テストの実行中にロード テスト スクリプト内の対応する動的変数に一意の値を動的に渡します。

    次に、動的テスト データ生成プロセスの特殊性について説明します。

    テスト データを生成するための普遍的なアプローチはありません。 経験則として、まず Web アプリケーションの機能を分析します。 この時点で、テスト データの種類とその構造について、アプリケーション開発者に説明する必要があります。 データ生成プロセスは、QA エンジニアと開発チームの両方で実行できます。

    ロード テストを開始する前に、生成したテスト データの量が、正しいテスト実行に十分であることを確認することが重要です。 たとえば、各同時実行仮想ユーザーで同時ログを実行する場合は、一意のユーザーとパスワードのペアが必要です。 それ以外の場合は、最初のログイン後に、同じアクセス資格情報を使用して以降に試行すると、スクリプト実行エラーが発生します。 したがって、生成される動的変数値の数が、同時実行ユーザーの最大数と同じかそれ以上であることを確認することが重要です。

    ロード テスト用のユーザー資格情報を生成する場合、テストのユーザー名とパスワードが一意であり、アプリケーションのセキュリティ要件を満たしていることを確認することが重要です。 ユーザー アカウントを生成するために、定義済みのテンプレートを使用することをお勧めします。

    Web アプリケーション インターフェイスを使用してユーザー アカウントを生成するか、または API 要求を生成して (多数のユーザーに対して) API 要求を生成したり、ターゲット アプリケーションのデータベースに直接アカウントを作成したりできます。

    動的変数のテスト値を生成する必要があるもう 1 つの例として、Web フォーム送信トランザクションがあります。 スクリプトの実行中に、システムは、指定された CSV ファイルのデータを使用してフォームフィールドに入力します。 フォームを正常に送信するには、動的変数の値の形式が、Web フォーム フィールドの指定された形式に対応している必要があります。 したがって、すべての動的変数 (電話番号など) に対して、サポートされている値の形式を事前に定義する必要があります。