デバイスとターゲットを作成する方法

どのように動作するか

SOAP 監視 を使用すると、SOAP ベースの Web サービスの可用性、エラー、および適切なコンテンツをテストできます。

SOAP タスクは、1 つ以上のクライアント要求をレプリケートし、Web サービスをモニターするエージェントを割り当てます。 デバイスの設定で選択した環境設定に基づいて、問題が検出された場合、Dotcom-Monitorはアラートを送信します。

ターゲットの構成

SOAP リクエストは、SOAP エンベロープを使用して手動でコンフィグレーションすることも、ページ上部の[WSDLを使用]ボタンをクリックしてSOAP ウィザードを使用することもできます。

HTTP/SOAP ウィザードでは、WSDL URL を指定し、続行する前にテストする有効なパラメータを選択できます。 (“http://www.example.com/wsdl.asmx?WSDL” など、HTTP を含む URL 全体を指定する必要があります)。

URL

監視するページの URL を入力します。 www.example.com 形式にする必要があります。

時間検証のしきい値 (秒)

Enter the number of seconds the task should wait for a response from the web page before ending the task and returning an error. If this is left blank the default timeout for a task is 120 seconds.

石鹸アクション

SOAPAction HTTP 要求ヘッダー フィールドを使用して、SOAP HTTP 要求の意図を示すことができます。 値は、意図を識別する URI です。 SOAP は、URI の形式や特異性、または URI が解決可能な形式に制限を設けない。 HTTP クライアントは、SOAP HTTP 要求を発行するときにこのヘッダー フィールドを使用する必要があります。 SOAPAction ヘッダー フィールドの存在と内容は、ファイアウォールなどのサーバーで使用して、HTTP で SOAP 要求メッセージを適切にフィルター処理できます。 空の文字列 (“) のヘッダー フィールド値は、SOAP メッセージの意図が HTTP 要求 URI によって提供されることを意味します。 値なしは、メッセージの意図を示さないことを意味します。

投稿 XML

XML 要求の本文を入力します。

コンテンツの検証

Content Validation Keywords are used to ensure that the expected content was loaded onto a web page. In the Keyword fields, you can specify one or more words or phrases that you wish to search for in the web page content.  If the expected keywords are not found, the task will return an error.

You can enter multiple strings into the keyword fields.  The values you enter can be separated by logical expressions as follows:

{[("keyword1"&"keyword2")|!"keyword3"]}

Where:
{[ – keyword expression start;
]} – keyword expression end;
() – grouping brackets;
& – logical AND;
| – logical OR;
! – logical NOT;
“string” – a keyword.

A successful keyword expression must include the start and end brackets as follows:

{["keyword"]}

基本認証

The Basic Authentication scheme s used to allow users to access content on some websites. Once provided login credentials will be passed along with the request header to the web server.

  • Username: contains a username for HTTP/S basic or digest access authentication.
  • User Password: contains a password for HTTP/S basic or digest access authentication.

Do not confuse Basic Authentication with other authentication schemes such as Bearer Authentication that involves bearer tokens and OAuth 2.0 that uses access tokens.

Read the articles on Basic Authentication Username and Password and Monitoring OAuth 2.0-based APIs for more information.

ヘッダー

ヘッダー要素は、SOAP 要求のオプションの部分です。 必要な場合は、ヘッダーセクションで、認証や支払い方法などの SOAP メッセージに関するアプリケーション固有の情報を指定できます。 必要な数だけヘッダーを追加できます。

たとえば、カスタムの Content-Type ヘッダーを定義して、要求と共に送信されるデータの種類を指定できます。

Content-Type: text/text

要求に Content-Type ヘッダーが指定されていない場合、要求はデフォルト値の Content-Type: text/xmlで送信されます。

The default User-Agent header is set to:

User-Agent: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.5.21022; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729) DMBrowser/2.1 (SV)

However, the user-agent string can be replaced with any other string. To do this, add a custom header with the name “user-agent” and the specific value needed.

DNS オプション

DNS オプション機能を使用すると、監視タスク中にドメイン ネーム サーバー (DNS) 要求を実行する方法をユーザーが選択できます。

ホスト名の解決モードを指定するには 、[DNS 解決モード] セクションで、使用可能なモードのいずれかを選択します。 機能の構成の詳細については 、「DNS モード オプション」を参照してください。

[カスタム DNS ホスト]セクションには、IP アドレスとホスト名のマッピングが含まれています。

マッピングを指定するには、対応するフィールドに IP アドレスとホスト名を入力します。

例:

192.168.107.246 example.com user.example.com userauth.example.com tools.example.com
192.168.107.246 example.com
192.168.107.246 user.example.com
192.168.107.246 userauth.example.com

参照 : DNS モード オプション