監視アルゴリズムは、サイクリングと呼ばれる監視自体の中で発生する手順に基づいています。

複数の 監視エージェント (場所)から監視が有効になっている場合、デフォルトでは、すべての場所が監視 タスクを正常に完了しようとします。 正常に実行された場合、 デバイス は選択した頻度が過ぎるまで待機し、1 つの場所でタスクの循環が開始されます。 その場所がタスクを正常に完了すると、デバイスは、次の場所がタスクをトリガーするまで、指定された頻度を再度待機します。 この循環は、指定した頻度で、ある場所から次の場所へ向けて、監視場所が エラーを検出するまで続きます。 エラーが検出された場合 (またはデバイスが初めて実行または更新されたとき)、同時チェックを無効にしていない限り、すべての監視場所がトリガーされ、タスクが実行されます (ServerView プラットフォームと WebView プラットフォームでのみ使用可能)。

先に進む前に、監視 セッション と監視 サイクルの違いを定義しましょう。

  • 監視 セッション は、1 か所で監視を開始する操作です。
  • 監視 サイクル には、選択したすべての場所のすべての監視セッションが含まれます。

サイクリングには2つのモードがあります。

  • 同時チェックが有効
  • 同時チェックは無効になります。

サイクリングモードの選択は、監視装置の詳細に依存します。 [ 同時チェックを許可] オプションの [同時チェックを許可する] オプションを選択するオプションは、デバイス インターフェイスの ServerView プラットフォームWebView プラットフォーム ([デバイス > 編集] ページ > の監視タブ [詳細構成] ) でのみ使用できます > 。

[同時チェックを許可する]オプションで[いいえ] を選択すると、Web 監視エージェントが正確なデバイス上で同時に複数のエージェントから同時にチェックを実行できなくなります。 同時チェックを回避する理由は、複数のユーザー (またはモニター・エージェント) が同時にアクセスできないアプリケーションもあるためです。

仕組み

同時チェックが有効な場合 (デフォルトではすべてのプラットフォームで)

デバイスが設定されると、Dotcom-Monitor は 、構成済みのすべての (デバイス構成中にアクティブ化された)監視エージェントからモニタリング セッションを開始します。 カウンタは、監視頻度の期間と等しく、最後に受信した監視応答の後に開始されます。 その結果、監視の新しいセッションは、監視頻度で指定されたとおりに開始されます。

最初のモニタリングセッションの監視結果に応じて、監視アルゴリズムには 2 つのパスが考えられます。 最初のパスは、すべての監視エージェントが同じ状態を報告したときに発生します (つまり、各監視セッションが「成功」状態、つまり「エラー」状態を返します)。 このパスでは、Dotcom-Monitor は、次のモニター・エージェントから単一のモニター・セッションが発生すると、「シングル・モード」で前進します。

Web 監視アルゴリズムの 2 番目のパスは、他のモニター・エージェントの状態とは異なる状態であるモニター・エージェントからの応答が少なくとも 1 つある場合に発生します。 たとえば、5 つのアクティブなモニター・エージェントがある状況では、そのうちの 4 つが「成功」状態を報告し、1 つは失敗し、「エラー」状態を報告します。 Dotcom-Monitor は「混合モード」で前進し、使用可能なすべてのモニタリングエージェントから同時にモニタリングセッションを開始します。

以下は「シングル」モードと「混合」モードの両方の監視に適しています

場合によっては、監視エージェントが、考えられるさまざまな理由により利用不能 (「無効」状態)になったり、以前の監視セッションの処理中にまだ (「処理中」状態) である場合があります。 「無効」状態と「処理中」状態のエージェントは、監視中に無視されます。

各モニタリング セッションは、監視プロセス中にその状態 (いわゆるキープアライブ メッセージ) を送り返します。 各モニタリングセッションのステータスは、ドットコムモニタシステムによって追跡されます。 Dotcom-Monitor は、最後のキープアライブ メッセージから 5 分以上 (「セッション・イン・プロセス・タイムアウト」の現行値) が経過した場合に、エージェントを「マーク」します。 新しいセッションを開始する必要がある時点でマークされたエージェントがある場合、 両方エージェント がモニタリングセッションを開始します。

同時チェックが無効になっている場合 (サーバービュープラットフォームとWebビュープラットフォームで利用可能)

デバイスが設定されると、Dotcom-Monitor は 、最初に構成された (デバイス構成中にアクティブ化された)監視エージェントからモニタリング セッションを開始します。 最初の監視サイクル (デバイスが作成された後、または延期されていない最初のサイクル) の間に、新しいセッションは、前のセッションの完了後すぐに作成されます。 継続的な監視を提供するために、監視エージェントの問題が発生する可能性があるにもかかわらず、オフラインになる可能性がある場合、カウンタは、5分に等しく、新しいセッションごとに開始されます。 このカウンタは、次のセッションを開始する必要がある時点を指定します (前のセッションが何らかの段階で切断された場合)。

時間がアップしている時点でまだ未終了のモニタリングセッションがある場合、セッション開始は同じ原則(現在の時間+ 5分)で遅れます。 最初の監視サイクルが完了した後 (選択した各監視エージェントが応答を返すか、そのダウン状態が確認された)、Dotcom-Monitor は、監視頻度の期間と等しい時間を待機し、応答のグループを分析します。

「同時チェックが有効」モードと同様に、最初の監視セッションの監視結果に応じて、監視アルゴリズムに対して2つのパスが可能です。 最初のパスは、すべてのモニター・エージェントが同じ状態を報告するときに発生します。 このパスでは、Dotcom-Monitor は、同じ監視頻度である一定の間隔で新しいモニタリング セッションを 1 つずつ開始し続けます。 第2の場合では、初期監視サイクル中と同様に、モニタリング頻度値を除いてセッション監視によりセッションに切り替える。