左側のメニュー バーの [構成] メニューの下にある[フィルタ]にアクセスできますここから、新しいフィルタを作成したり、既存のフィルタを編集または削除することができます。

新しいフィルタの追加

フィルタを追加するには、[ フィルタ ] ページで [ 新しいフィルタ] をクリックします。

左上隅にフィルタ名を指定します。 他のフィルターのドロップダウン リストで後でフィルターを識別できるように、わかりやすいフィルター名を指定してください。 このフィルタの目的に関する説明を追加します。

フィルタの設定中に、特定の条件が満たされた場合にエラーを無視するか、特定の種類のエラーを無視するようにルールを設定できます。 編集画面内から、フィルタを 1 つまたは複数のデバイスに一度に割り当てることもできます。

特定の条件でエラーをフィルター処理する方法

[ 次の条件が適用された場合はエラーを無視 する] セクションで、誤検知や過剰な警告を除去するために複数のフィルタを指定できます。

  • エラーは(X)分未満で報告されます – 発生の頻度に基づいて問題をフィルタリングします。 たとえば、5 分の設定では、5 分未満の問題が除外されます。 さらに、アラートが不要な場合、このオプションは Web サーバーの短時間の再起動に使用できます。
  • エラーは、少なくとも (X)監視場所によって確認されない – エラーを報告する監視ステーションの数に基づいてエラーをフィルタリングします。 たとえば、単一の監視ステーションが特定の URL に接続しない場合でも、他のステーションは接続を行います。 特定のバックボーンで発生している問題を除外するために、このフィルタ値を 2 以上に設定することをお勧めします。
  • エラーは (X) 未満のタスクで検出 されます – 監視対象デバイスで発生したタスク エラーの数に基づいて、フィルター アラート。 たとえば、監視デバイスは、サーバー ファーム内の 3 つの Web サーバーにアクセスするタスクで構成されます。 いずれかのサーバーで障害が発生しても、デバイスは残りのサーバーのみを使用してセットアップされたとおりに動作します。 既定では、1 台のサーバーが使用できないため、Dotcom-Monitor はアラートを送信します。 フィルタを 2 に設定すると、デバイス内の 2 つのタスクが失敗した場合にのみアラートが送信されます。
  • [デバイスの所有者がダウン ] – 特定の デバイスの所有者デバイス を選択した場合、所有者デバイスが現在エラーを返しているか、使用できない場合、デバイスのエラーは無視されます。 たとえば、10 の異なる Web サイトを 10 種類の監視デバイスとして監視できますが、すべての Web サイトが 1 つのルーターに依存している場合があります。 ルーターに障害が発生すると、10 の Web サイトすべてが利用できなくなり、デフォルトでは、Dotcom-Monitor は個々の監視デバイスとして各 Web サイトに対してアラートを送信します。 フィルタ オプションが有効になっている場合、ルータのエラーは無視されます。

エラー コードでエラーをフィルター処理する方法

特定の種類のエラーを無視するようにフィルタを設定するには、「特定の種類とコードを含むエラーを無視する」セクションを参照してください。 ここでは、特定のユーザー設定可能なエラーを除外できます。 たとえば、DNS サーバーの操作の責任者に基づいて DNS エラーを除外できます。 特定のデバイスの目標に関連しない、発生する可能性がある特定のエラーを無視するフィルターを作成できます。

たとえば、特定のデバイスで 404 個のエラーを気にしていない場合は、検出されたアラートを受信しないようにフィルター処理できます。

さらに、ダッシュを使用してエラー コードの範囲を無視するようにシステムを設定したり、セミコロンを区切り文字として使用する複数のエラー コードを無視することもできます。

ページ上のより細かい要素からエラーを除外する必要がある場合は、この操作を、特定の要素を無視するようにシステムを構成できる、さまざまなタスクの種類 (BrowserViewなど) 内で行うことができます。

デバイスへのフィルタの割り当て

1 つまたは複数の監視デバイスにフィルタを割り当てるには、[ 割り当てられたデバイス] セクションに移動し、リストからデバイスを選択します。 フィルタは、選択したデバイスに自動的に適用されます。 ただし、 デバイス警告設定を構成する際に、対応するフィルタをいつでも設定できます。