コンテキスト パラメーターは、監視デバイス内で、各要求に応じたコンテキスト情報を送信したり、要求パラメーターを動的に変更したりするために使用できます。

次の構文を使用して 、コンテキスト パラメータを指定します。

context.<variable name>

コンテキストパラメーターの名前は、指定する各 Web エレメントの名前と同じでなければなりません。 パラメーター名は大文字と小文字が区別されることに注意してください。

要求でパラメーター名を指定するには、それぞれの要素コードを 検査 し、 “name” 属性値をコピーします。

たとえば、一意のフィールド値を持つ Web サイト登録フォームの送信を監視したいとします。 まず、対応する Post リクエストを使用して HTTP タスクを作成する必要があります。 次に、要求本文 (Post Data) のフォームフィールドのパラメータを追加し、その値をコンテキスト変数に変換する必要があります。

新しいパラメータを追加するには:

  1. [要求タイプ]フィールドで [転記] を選択します。
  2. [ ポスト データ ] フィールドを展開し、[ 詳細] トグルをクリックし、[ パラメータの追加] をクリックします。
  3. [ パラメーター名] フィールドに、フォームのフィールド名を入力します。
  4. パラメータ値をコンテキスト 1 に変換するには、[ 値] フィールドをポイントし、歯車アイコンをクリックします。
  5. 値の編集」ウィンドウで、「動的」を選択し、次の構文を使用してパラメーター値を指定します。 <変数名 > 。 [ 完了] をクリックします。
  6. コンテキスト パラメータのデフォルトの動的値を指定するには、[ タスクの構成] サイドバーの [アクション] メニュー ボタンをクリックし、[ コンテキスト パラメータの管理] をクリックします。
  7. 変更を加えて、[ 完了 ] をクリックして完了します。

下の図では 、名前Pwd 要求パラメータは、それぞれ「ログイン」 「パスワード」 という名前のコンテキストパラメータから値を取り出します。

コンテキスト パラメーターの管理

HTTP(S) デバイスにコンテキスト パラメータがある場合は、[ タスク ] タブのデバイス編集画面でリストを見つけることができます。 コンテキスト パラメータ マネージャを開くには、タスク の設定 サイドバーでバーのアクション メニュー をクリックし、[コンテキスト パラメータの 管理] を選択します。

コンテキストパラメーターを削除するには、上記の説明に従って 静的 に変換し、 コンテキストパラメーター マネージャーで選択し、バケットアイコンをクリックします。

context パラメーターがデバイス内の複数のタスクで使用されている場合、コンテキスト パラメーターをリストから削除することはできません。 システムからパラメータを削除するには、他のタスクでパラメータを削除するか、Static に変換します。