Custom Collector task object in formatted JSON:
{
    "Task_UID": "c7c6ffb9bae54df1b662fffb72964c77",
    "Agent_UID": "a06c2dd16de44abea9fad13625c39351",
    "PerformanceCounterPath": "..\SamCat III\e-010\CPU-X",
    "Aggregate": "Average",
    "MaxThreshold": 0,
    "MinThreshold": 0,
    "IgnoreErrors": "NO",
    "Device_Id": 7647,
    "Id": 16532,
    "Task_Type_Id": 65,
    "Name": "..\SamCat III\e-010\CPU-X"
}

フィールドの説明

種類 形容
Task_UID

収集された監視結果を分散するために API によって使用される固有のタスク ID。

例:
"Task_UID": "c7c6ffb9bae54df1b662fffb72964c77"
Agent_UID

コレクター UID。 統計値を含むメッセージ (統計データは数値で浮動小数点を表す必要があります) は、「カスタムコレクタ」によって受信され、その後、基礎 となるタスクに「配布」されます。

各コレクタには固有の UID があります。 この UID は、メトリックスビュー API インターフェイスを使用して、カウンターのデータ フローを正確なコレクターに対処するために使用されます。 UID はコレクターズ編集ページ (“ダウンロード” — > “メトリックスビュー” — > “編集” ボタン) で再表示できます。
例:
"Agent_UID": "a06c2dd16de44abea9fad13625c39351"
パフォーマンス カウンターパス

説明フィールド。 これは、クライアント側で監視対象オブジェクトを記述します。 このフィールドの値は、基礎となるフィールド”Host”、”カテゴリ”、”インスタンス”、および”カウンタ”と相互接続されています。

例:
"PerformanceCounterPath": "..\SamCat III\e-010\CPU-X"
骨材

すべての受信データは、調整されたデバイスの周波数に応じて、定期的に集計されます。

  • 最大値 – 配列の最大値が取得されます
  • 平均値は、すべての中間値の平均として計算されます。
  • 最小値 – 配列から最小の値が取得されます
例:
"Aggregate": "Minimum"
最大しきい値

int32

閾。 超過するとアラートが発生します

例:
"MaxThreshold": 0
最小しきい値

in32

閾。 超過するとアラートが発生します

例:
"MinThreshold": 0
エラーを無視する

カスタム コレクタではサポートされていません
Device_Id

int32

読み取り専用フィールド。固有のデバイス ID

例:
"Device_Id": 7647
身分証明書 int32

読み取り専用フィールド。固有のタスク ID

例:
"Id": 16532
Task_Type_Id int32

タスク フィールドの種類です。 適切な表の 「Task_type_id」の潜在的な値を確認してください。

例:
"Task_Type_Id": 65
名前

タスク名

例:
"Name": "anynameyouwant"