モニター中に画像、フラッシュ、CSS などの特定の要素をダウンロードする必要がない場合や、エラーを返す要素を除外する場合は、ネットワークフィルターを有効にして、スクリプトにフィルタールールを追加できます。 フィルタ規則には主に次の 2 種類があります。

  1. マスクに対応する要素を無視する (拒否)
  2. マスクに対応した要素のみをダウンロードする (許可)

新しいネットワーク フィルタを追加するには、スクリプトのコンテキスト メニューから [ネットワーク フィルタ] を選択し、使用可能なオプションから 1 つを選択します。

構成

一般的なフィルタ オプションを簡単に追加できます。

  • デフォルトアクション – すべての要素をデフォルトでフィルタするか、許可するかを決定します。
  • 許可 – フィールドには、許可されるすべての要素のマスクが含まれます。 デフォルトアクションが「すべて拒否」に設定されている場合、このフィールドにリストされている要素のみがダウンロードを許可されます。
  • 拒否 – フィールドには、フィルターで除外する必要があるすべての要素のマスクが含まれています。

アドバンスド

次のオプションを提供します。

  • 許可 – フィールドには、許可する必要があるすべての要素のマスクが含まれています。
  • 拒否 – フィールドには、フィルターで除外する必要があるすべての要素のマスクが含まれています。
  • クリア – 以前に設定したフィルタリングルールをクリアするポイントを追加します。

ネットワーク フィルタを適用する前に、ルート HTML 要素 (http://www.example.com など) がフィルタ処理されていないことを確認してください。 特定のフィルター処理された要素は、スクリプト内で次のようになります。

NetworkFilter.Deny ("http://www.example.com/folderpath/FilteredOutElement.ttf");