テスト ケースを記録するために Selenium IDE を使用していて、Selenium テスト プロジェクトに基づいて自動ロード テストを設定する場合は、テスト構成を Selenium から LoadView に手動で転送する必要はありません。 LoadView は、セレン テスト プロジェクト構成を使用した SIDE ファイルのインポートをサポートしています。

この記事で以下に概説するいくつかの基本的な手順で、Selenium IDE で作成した Web アプリケーションテストを LoadView にインポートできます。

  • ウェブアプリのパフォーマンステスト: セレン IDE とロードビュー

    セレン統合開発環境 (IDE) は、Firefox と Chrome のブラウザーとセレンスイート (セレン IDE、 セレン RC、 WebDriver、 セレン グリッド) の一部に無料のオープン ソースの拡張機能です。 これは、ユーザーがプログラミング経験を持たずにテストを構成、編集、実行できる、最も簡単な自動テストツールです。 Selenium IDE を使用すると、ブラウザエンジンでサポートされているさまざまなコマンドを使用して、テストスクリプトを記録および再生できます。 言い方を言えば、Selenium IDEはブラウザで実行され、テストスクリプトはブラウザエンジンによって実行され、結果としてChromeとFirefoxの機能によって制限されます。

    一般的に、Selenium IDE は、簡単なロジックを使用して Web サイトや Web アプリケーションの簡単なテストを作成するための簡単で迅速な方法です。 ただし、パラメタイゼーションや条件付き操作など複雑なテスト シナリオ ロジックを使用して、最新の動的 Web アプリケーションのパフォーマンス テストを行う場合は、難しい場合があります。 高度なテストシナリオを記録し、クロスブラウザテストを実行するには、Seleniumファミリの他のツールを活用するか、LoadViewのようなより複雑なWebアプリケーションとWebサイトのテストソリューションを使用する必要があります。

    LoadView と比較してセレン WebDriver とその長所と短所を使用したロード テストのアプローチについては 、「セレンロード テストの説明: ブログの WebDriver と Java の投稿」で詳しく説明しています。

    LoadViewは、複雑さのテストを記録して再生するだけでなく、40以上の場所から完全に管理されたクラウドネットワークから実際のブラウザで数千人の同時ユーザーによって実行するためのツールの汎用性の高いセットを提供します。 LoadView に同梱されている EveryStep Web Recorder ツールは、UI とのあらゆる種類のユーザー操作の記録を可能にし、最も人気のあるデスクトップおよびモバイル ブラウザー (40 +) だけでなく、インタラクティブなコンテンツを作成するために使用されるテクノロジ (Flash、HTML5、Java、PHP、Ruby、Silverlight など) をサポートしています。 EveryStep Web Recorder を使用すると、Web アプリケーションのパフォーマンス テストを新しいレベルに引き上げ、パラメータ化と条件付きロジックの追加、ネットワーク応答のフィルタリングと変更、テキスト、イメージ、RIA 検証などを追加できます。 ビデオの EveryStep Web レコーダーで最初のスクリプトを記録する方法を説明します。

ロードビューへのセレン テスト: ロードビュー テストの構成

開始する前に、LoadView アカウントを持っている必要があります。 ここでサインアップすることで、LoadView を無料で使用できます。LoadView アカウントをお持ちの場合は、アカウントにログインする必要があります。 データを送信するには、次の手順に従います。

  1. Selenium IDE プラグイン内で、Selenium テストプロジェクトをローカルコンピューター上のファイルに保存します。
  2. 次に、LoadView アカウントにログインし、[テスト マネージャ] ページで[新しいテスト] をクリックします。
  3. [ロード テストの種類の選択] ページで、Selenium テストの種類を選択します。
  4. 次に、テストの編集画面で[ インポート ]をクリックし、最初の手順で保存したファイルをインポートします。 ファイルの内容は 、Selenium 構成 フィールドに表示されます。 必要に応じて、フィールドのコードを編集できます。
  5. オプション: 「 タイムアウト」 フィールドで、テスト・セッション実行タイムアウトを秒単位で設定できます。 LoadView は、指定された時間、ターゲット リソースからの応答を待機し、実行時間が制限を超えた場合、システムはセッションを終了し、エラーを返します。 この値を空白のままにすると、デフォルトのタイムアウトは 120 秒です。
  6. [ デバイスの作成 ] をクリックし、ロード テストの実行シナリオを続行します。

さらに、セレンテストを LoadView プラットフォームに変換する際にサポートが必要な場合は、 テクニカル サポート チームにお問い合わせください。 当社のチームは、すべての負荷とパフォーマンステストのニーズを支援するために24時間365日利用可能です。

テスト シナリオのセットアップの詳細については、「 ロード テストのセットアップの概要」を参照してください。

LoadView アカウントを既に持っている場合は、LoadView プラットフォーム内から直接チケットを送信できます。 サポートチケットを送信するには、 アカウントにログインするだけです。 右上から [ サポート] にカーソルを合わせ、[ チケット] を選択してリクエストを送信します。