遅延は、スクリプト実行プロセスを 監視 するステップ間のプログラムによる一時停止です。

録音が完了した後、微調整として遅延を追加することができます。

スクリプトに遅延を追加するには、次の手順を実行します。

  1. 行を右クリックします (ステップ) 後に遅延を追加します。
  2. [ 遅延 ]を選択します。
  3. 値を調整し 、[OK]をクリックします。

例:

Flash ベースのサイトの簡単な 2 ステップ監視スクリプトを記録しました。

  • 1 番目の手順 – ページをナビゲートします。
  • 第 2 ステップ – RIA 画像検証によってコンテンツを検証します。

最初のスクリプトの再生はエラーがあることを示します – RIA 画像の検証は、ページにそのようなイメージがないことを示します。

その理由は、1つのジオリージョンでもロード時間が大幅に異なるので、私たちの場合のページのFlashコンテンツは読み込みに約1分かかり、スクリプトは画像を検索し始めました。
(デフォルトでは、画像の検索時間は50秒に制限されています。

この問題を解決するには、最初のステップの後に遅延を追加する必要があります。