JMeterは、市場で最も人気のあるオープンソースの負荷および機能テストツールの1つです。 ただし、プロトコル レベルのトラフィックのみのシミュレートなど、複雑な性質と制限があるため、Web アプリケーションまたは SPA (シングルページ アプリケーション) のロード テストを実行すると、問題が発生する可能性があります。 JMeterはブラウザではないため、エンドユーザーの視点からパフォーマンスを適切かつ適切にシミュレートするには、追加の重要な知識とセットアップ時間が必要です。 この記事では、JMeter から LoadView テストに変換する方法について説明します。

さらに、世界中の複数の負荷インジェクタから素早く選択できるLoadViewとは異なり、JMeterの負荷はローカルマシンまたはサーバーから生成され、非現実的な現実世界の状況につながります。 それだけでなく、独自の負荷ジェネレータを設定するには時間とコストがかかります。

Apache JMeter Web アプリケーションロードテストを LoadView ロードテストに変換するには、この記事で以下に概説するいくつかの基本的な手順でデータを手動で簡単に転送できます。

ロードビューへの JMeter: ロードビュータスクの設定

開始する前に、LoadView アカウントを持っている必要があります。 ここでサインアップすることで、LoadView を無料で使用できます。LoadView アカウントをお持ちの場合は、アカウントにログインする必要があります。 データを手動で送信するには、次の手順に従います。

1. まず 、Apache JMeter アプリケーション内で、変換しようとしているスクリプトを使用してJMXファイルを開きます。

2. 新しい LoadView ロード テストを作成し、[ HTTP(S) タスク] を選択します。

3. 要求データを JMeter フィールドから LoadView HTTP(S) タスクの対応するフィールドにコピーします。 たとえば、ターゲット URL を URL フィールドにコピーし、[ 要求の種類] フィールドに HTTP メソッドを設定し、[ ヘッダー] セクションにヘッダーを追加して、名前と値をコピーします。

ロードビューへのjmeter4. HTTP(S) タスクの設定 の説明に従ってタスク設定を構成し、LoadView デバイスを保存します。

5. JMeterスクリプト内で同じWebアプリケーションに対するリクエストが複数ある場合は、 現在のデバイスに新しいタスクを追加 し、各リクエストに対応するJMeterデータをコピーします。 JMeter のグローバル ヘッダーのため、ヘッダーを JMeter HTTP ヘッダー マネージャーから LoadView デバイスの各タスクにコピーする必要があります。

LoadView テスト シナリオの構成

LoadView でテストの HTTP パラメータを構成したら、LoadView テスト実行シナリオを設定する必要があります。 JMeter スレッド グループのスレッドプロパティを使用して、LoadView テスト シナリオの対応するロード タイプパラメータを指定します

スレッドとランプアップ期間の設定

ランプアップ時間はロードテストプロセスの非常に重要な部分ですが、見落とされがちです。 多数の同時ユーザーを使用してテストする場合、テストは実際の状況を反映せず、意図しない結果 (意図しないサイトのクラッシュなど) を引き起こす可能性があるため、同時ユーザーの最大数にすぐにテストを立ち上げないようにします。 その場合、サイトが処理できる内容や応答が、その時点より前にわからない場合があります。 立ち上げ時間を設定することで、サイトまたはアプリケーションがさまざまなレベルで同時実行トラフィックを処理する方法をより正確に表現できます。

ロード テストの同時ユーザーを適切に決定する方法の詳細については、 同時実行ユーザーの計算と数式のナレッジ ベースに対する分析 の記事を参照してください。

スレッド数ランプアップ期間を指定するには、LoadView のシナリオ別に発生する手順を使用します。

1. まず、ランプアップ期間を分単位で計算します。

ランプアップ期間(分 )= ランプアップ期間/60

次に、1 分あたりにアップする必要があるスレッドの数を計算します。

1 分あたりのスレッド数 = スレッド数 / ランプアップ期間 (分)

たとえば、スレッドが 30 個あり、JMeter でランプアップ期間が 120 秒の場合、30 人の同時ユーザーが増えるには、LoadView が 2 分かかります。 1 分あたりのユーザー数は 15 (30/2) です。

2. レイズバイステップの対応するフィールドで、ランプアップ期間を分単位で指定し、1 分あたりのスレッド数を指定します。

テスト期間の設定

同じテスト構成を複数回繰り返す必要がある場合 (ループ数
1
に設定されていない、または JMeter で Duration が設定されている)、LoadView ロード テスト シナリオに 保留 ステップを追加し、負荷を保持する時間を分単位で指定します。

既定では、LoadView ではロード テストの期間は 40 分に制限されています。 40 分以上テストを実行する必要がある場合は、 テクニカル サポート に連絡して、ロード テストの時間延長を有効にしてください。

ランプダウン時間の設定

同様に、ランプダウン時間は、ロード テスト中に考慮する必要があるもう 1 つの要因です。 ランプダウン時間は、ピーク時の終了時に表示されるトラフィックと相関し、通常は同時ユーザー数の減少が見られます。 このためには、ロード テストの最良の結果を得るための同様の戦略を設定します。 ロード カーブロードテストの設定の詳細については、こちらを参照してください。

ループ数Nループに設定すると、テスト期間はテストのイテレーション期間 (タスク期間) に基づいて計算されます。

テスト期間 = 繰り返し期間×ループ数

LoadView テストイテレーション期間は、ウォーターフォール チャートで確認できます。

特定の時間にストレス テストを実行するには、[ 後でテストを開始 する] オプションを使用します。 詳細については、「 同時ロード テストの実行」を参照してください。

ロードビュープラットフォームへの JMeter負荷テスト の変換に関するサポートが必要な場合は、 テクニカルサポートチームにお問い合わせください。 当社のチームは、すべての負荷とパフォーマンステストのニーズを支援するために24時間365日利用可能です。

LoadView アカウントを既に持っている場合は、LoadView プラットフォーム内から直接チケットを送信できます。 サポートチケットを送信するには、 アカウントにログインするだけです。 右上から [ サポート] にカーソルを合わせ、[ チケット] を選択してリクエストを送信します。