キーワードの検証は、Web サイトの監視スクリプト内で使用され、指定された Web ページに期待されるキーワードが表示されることを確認します。 1 ページに少なくとも 1 つまたは 2 つの単語に対して検証を実行することをお勧めします。 各ページの少なくとも 2 つの単語に対して検証を実行することにより、Web サーバーが HTTP 要求に正常に応答しただけでなく、ブラウザーが Web ページのコンテンツを表示し、ページのテキストに関して正しく表示されていることを確認します。

キーワードの検証を実装する場合は、ページのレイアウトやコンテンツの変更に関係なく、ページに表示される単語を常に選択することが重要です。 [EveryStep Web Recorder] ウィンドウのキーワード検証は、2 つの異なる方法を使用して追加できます。

検証方法: キーワード ボタンの使用

キーワードの検証 は、EveryStep Recorder ウィンドウの左側のツールバーから[キーワード] ボタンを選択することで使用できます。 [キーワードの入力規則] ダイアログ ボックスが開きます。

[キーワードの入力規則] ダイアログ ボックスには、任意の 1 つの単語を入力できます。 また、複数の単語を指定することもできますが、ページに表示される順序は正確な順序でしか指定されません。 順序に従っていない複数のキーワードを指定する場合は、個別の [キーワードの検証 ] ダイアログ ボックスで各キーワードを指定する必要があります。 [キーワードの検証] ダイアログ ボックスでは、カンマ区切りまたはセミコロンで区切られたキーワードのリストは使用できません。

キーワードを [ キーワードの検証 ] ダイアログ ボックスに追加し、[
追加
] を選択すると、指定したキーワードが現在読み込まれている Web ページのどこかに存在することをアサートする行がスクリプトに追加されます。

スクリプトは、入力した 大文字と小文字と句読点 を検索します。 大文字で始まる単語を探している場合は、キーワードを指定するときに適切な大文字を使用する 必要があります

キーワードを追加しようとして、そのキーワードが存在しないことを示すエラーが返された場合は、ページに表示されるとおりにテキストを入力し、最後にスペースを挿入したり Enter キーを押したりしていないことを確認してください。 この場合、改行はキーワードの末尾に追加されます。

検証方法 : Web ページでのキーワードの選択

ページ上で単語を選択し、その単語を右クリックしてキーワードの入力規則のキーワードを追加することもできます。 [ キーワードの入力規則 ] ダイアログ ボックスが開き、選択した単語が自動的に入力されます。

この検証メソッドは、キーワードが誤って入力され、キーワード内の大文字と大文字が正しいこと、および前後の空白が正しく書式設定されていることを確認するため、通常、Dotcom-Monitor ユーザーの推奨される方法です。 これは、次の 2 つの理由で重要です。

  • 大文字と大文字の違いによって、キーワードが検証されず、その後誤検知エラーが発生します。
  • 手動で入力して [キーワードの入力規則 ] ダイアログ ボックスに手動で入力すると、一部のユーザーは習慣のために、意図せずにスペースを追加したり、ボタンの動作を入力したりします。 これらの非印刷文字はスクリプトの一部となり、検証が失敗する可能性があります。

例: ドットコムモニターユーチューブページ

Web ページで検証例を実行してみましょう。 このシナリオでは、Dotcom モニター YouTube ページの監視デバイスを作成します。

まず 、Dotcom-Monitor アカウントにログイン し、Web アプリケーション監視デバイスを作成する必要があります。 これで、エブリステップ Web レコーダーが開きます。 Web ページ監視デバイスを作成することもできますが、このオプションでは EveryStep Web レコーダーは開かれないことを示します。 ただし、[コンテンツの検証] セクションでキーワードを手動で入力できます。 監視用の イメージ検証 も追加する場合は、Web アプリケーション監視デバイスを起動する必要があります。

Web アプリケーションを選択すると、EveryStep Web レコーダーが開きます。 URL を入力し、デバイスの種類、ブラウザー、記録する解像度など、その他の構成オプションを選択します。

ウェブアプリケーションデバイスYouTube

これにより、EveryStep ウェブレコーダー内のターゲット YouTube URL が開きます(下記参照)。 ここから「ドットコムモニター」キーワードを選択します。

エブリステップウェブレコーダーユーチューブ

強調表示されたキーワードを右クリックすると、[ キーワードの入力規則 ] ダイアログ ボックスが開きます。

キーワードの検証 YouTube

[追加]

を選択すると、[キーワードの入力規則] ダイアログ ボックスが閉じ、スクリプト コードに [キーワード アサート] フィールドが追加されます。 ここからスクリプトの作成を続行するか、記録を停止できます。

ウェブアプリケーションスクリプトコード YouTube

このシナリオでは、記録を停止します。 エラーがないことを確認するために、スクリプトを再生するように求められます。

Web アプリケーション デバイス スクリプトの再生

スクリプトがエラーなしで戻ってきた場合は、次のような応答が表示されます。

スクリプト再生 YouTube

ここから 、監視デバイスの設定を完了 し、設定、監視場所、アラート、およびレポートを選択できます。 デバイスをセットアップして実行したら、監視レポート内でパフォーマンスと結果を確認できます。 設定したキーワードの検証が正しく機能しているかどうか、検証が成功した場合は、キーワードアサートのレポートに
OK
の応答が表示されます。 アラートを設定すると、設定したしきい値に基づいて、またはエラーが検出されたときにアラートが表示されます。

EveryStep Web レコーダーを使用したコンテンツとイメージの検証の詳細については、 コンテンツ検証 のナレッジ ベース ページをご覧ください。 EveryStep Web Recorder 機能の完全な詳細については、私たちの EveryStep スクリプトのあまりにもl サポート技術情報のページをご覧ください。