証明書ハンドラーでは、証明書の警告をバイパスできるため、全体的な監視プロセスに影響を与えません。

ハンドラを適用するには::

  • 証明書ハンドラーを有効にする必要がある行 (ステップ) を右クリックします。
  • [ 証明書ハンドラ ] を選択します。
  • 証明書エラーのバイパスを有効または無効にします。

証明書エラーを無視すると、Dotcom-Monitor は、証明書に問題がある場合に問題を報告せず、アラートを送信しないことを意味します。