デバイスとターゲットを作成する方法

どのように動作するか

VoIP/SIP 監視タスクは、指定された資格情報を使用して指定された VoIP サーバーに接続する監視エージェントを作成し、サービスが使用可能であることを確認します。 これを実現するために、SIP モニタリングは VoIP システム上の内線またはクライアントとしてプロビジョニングされ、特定のパラメータを持つ指定された SIP サーバを使用して特定の番号を呼び出すように設定されます。 呼び出しの予想結果は、”応答”、”応答なし”、”ビジー状態”、またはエラー状態 (予期しない結果がある場合) として設定されます。

ターゲットの作成

ホスト名

PBX または VoIP サービス プロバイダーのドメイン アドレスまたは IP アドレスを入力します。

確認するサービスのポート番号を入力します。

ユーザー名

このフィールドには、送信元ドメイン内の SIP ユーザ名が含まれます。

完了タイムアウト (秒)

タスクが Web ページからの応答を待ってから、タスクを終了してエラーを返す秒数を入力します。 この値を空白のままにすると、タスクのデフォルトのタイムアウトは 120 秒です。

TLS を使用する

受信サーバーが SSL または TLS を使用してセキュア接続を必要とするかどうかを指定します。

登録を実行する

登録プロセスでは、発信者 ID (“username@domain.com” などの SIP URL) とそのアドレスとの間のバインディングが作成されます。 詳細については、RFC 3261 の段落 10 を参照してください。

認可

認証セッションに使用される名前が含まれていますが、ユーザー名と一致する場合があります。

パスワード

必要な場合は、SIP 認証用のパスワードが含まれます。

表示名

インターフェイスに表示される名前 (RFC 3261に従って)。

通話の実行

有効にすると、呼び出しが実行されます。

宛先電話番号が含まれます。 番号が別のドメイン (別の PBX に属している) にある場合は、数値 (名前) とドメイン名を次の形式で指定する必要 @destination_domain.comがあります。 ドメインは、その IP アドレスで直接指定できます。

それ以外の場合は、数値を 15554441234 として直接入力できます。

予期される呼び出し結果

このフィールドには、着信側の予期される動作の指定が含まれます。

SRTP を使用する

SRTP は、そのプロトコルに機密性、メッセージ認証、および再生保護を追加する RTP のセキュリティ プロファイルです。 RFC 3711 で指定されています。
少なくともレジスタを実行するか、コールを実行する必要があり、同じタスクで両方を実行できることに注意してください(一部のシステムでは、コールを実行するために登録が必要になる場合があります)。

DNS オプション

DNS オプション機能を使用すると、監視タスク中にドメイン ネーム サーバー (DNS) 要求を実行する方法をユーザーが選択できます。

ホスト名の解決モードを指定するには 、[DNS 解決モード] セクションで、使用可能なモードのいずれかを選択します。 機能の構成の詳細については 、「DNS モード オプション」を参照してください。

[カスタム DNS ホスト]セクションには、IP アドレスとホスト名のマッピングが含まれています。

マッピングを指定するには、対応するフィールドに IP アドレスとホスト名を入力します。

例:

192.168.107.246 example.com user.example.com userauth.example.com tools.example.com
192.168.107.246 example.com
192.168.107.246 user.example.com
192.168.107.246 userauth.example.com

参照 : DNS モード オプション