デバイスとターゲットを作成する方法

どのように動作するか

SMTP-POP3/IMAP 監視は、メール サーバーの可用性監視を エンド ツー エンドで実行します。 まず、 監視エージェント は、指定された電子メール アドレスにテスト電子メールを送信して SMTP サーバーをテストします。 テスト電子メールが送信されると、エージェントはログインし、POP3/IMAP サーバーから電子メールを取得しようとします。 SMTP または POP3/IMAP の手順でエラーが発生した場合、または指定されたタイムアウト時間内に電子メールが見つからない場合は、エラーが記録されます。

ターゲットの作成

デバイスを作成し 、SMTP-POP3 タスクを追加または編集すると、送信メール サーバーと受信メール サーバーへのネットワーク接続を構成するように求められます。

設定のヒント

複数のエージェントが同時に受信トレイをチェックしている間、電子メール処理で競合が発生する可能性があるため、[ 同時チェックを許可] オプションを無効にすることをお勧めします。

送信サーバーの設定

電子メールの送信先

宛先の電子メール アドレスを入力します。 テスト用の電子メールが指定されたアドレスに送信されます。

各タスクに専用の電子メール アドレスを使用して、アドレスを共有するとメールボックス アクセスの競合が発生する可能性があります。

エラーを監視しないように、提供された電子メールの受信トレイに変更を加えないようにします。 メール受信操作後、すべてのテストメールは自動的に削除されます。

MX レコードを使用して送信

MX (メール エクスチェンジ) レコード は、ドメイン メール サーバーの IP アドレスを指します。 つまり、MX レコードは、ドメインの電子メールを処理するために使用するメール サーバーを指定します。

有効にした場合 ([はい ]オプション)、Dotcom-Monitor は MX レコードを使用してドメインに割り当てられたターゲット メール サーバー ([電子メールの送信先 ] フィールド) を検索します。

MX レコードを使用する場合は、セキュリティで保護されていない接続が使用されます。

MX レコードは、各レコードで指定された優先順位番号に従って使用されます。 優先順位が低い MX レコードの優先順位が最も高く、最初にメール サーバーに接続します。 最も優先度の高いメール サーバーが応答しない場合は、その優先順位に従って次の MX レコードが使用されます。 すべてのドメイン メール サーバーが使用できない場合は、デバイスのエラーが生成されます。

[いいえ]を選択すると、[ターゲット SMTP サーバー ] フィールドに指定されたメール サーバーが電子メールの送信に使用されます。

ターゲット SMTP サーバー

テストメールを取得する SMTP サーバーアドレスとポート番号 (オプション) を入力します。 これは、ホスト名または IP アドレスの場合があります。

デフォルトのポート:

  • SMTP: 25
  • SMTPS (SSL 経由): 465

セキュア接続

有効にすると、SSL/TLS 経由の SMTP が要求されます。

ユーザー名/パスワード

SMTP サーバーは承認を必要としない場合があります。 それ以外の場合は、サーバー アクセス資格情報を入力します。

操作タイムアウト

電子メール送信タイムアウトを
秒単位で
指定します。 送信時間には、SMTP 接続時間と送信操作時間が含まれます。

受信トレイに重複した電子メールが残っていて、タスクの失敗が発生した場合、考えられる原因は、操作タイムアウトエラー後 の誤検出チェック です。

メールから

テストメールの[ 差出人 ]フィールドに設定するアドレスを指定します。

システムデフォルトオプションが選択されている場合、タスク実行を開始する監視エージェントの一意のアドレス (例: dmagentmn@agents.dotcom-monitor.com)が「開始」フィールドに設定されます。

ターゲット SMTP サーバーがセキュアな接続と認証を必要とし ( ユーザー名/パスワード フィールドが指定されている)、 システムデフォルト オプションが選択されている場合 、From フィールドには 「電子メールの送信先 」フィールドに指定されているのと同じアドレスが含まれます。

検証エラーが発生した場合は、システムのデフォルトアドレスが受信トレイではなくスパムに移動しないことを確認します。

[カスタム] オプションを使用すると、[差出人] フィールドに設定する電子メール アドレスを指定できます (SMTP 認証に関係なく)。

受信サーバーの設定

ターゲット メール サーバー

テストするプロトコルの種類を選択します: POP3 または IMAP (ver. 4.1)

POP3 または IMAP サーバーのアドレスとポート番号を入力します。 URL または IP アドレスを指定できます。

続行する前に、サーバーが適切なプロトコルの種類をサポートしていることを確認してください。

セキュア接続

有効にした場合は、SSL/TLS 経由の接続が要求されます。

ユーザー名/パスワード

POP3/IMAP 認証のユーザー名とパスワードを入力します。

操作タイムアウト

メール受信操作のタイムアウトを
秒単位で
指定します。 受信操作中、Dotcom-Monitor は、テスト電子メールが見つかるまで、または操作タイムアウトに達するまで、受信メールボックス内のすべてのメッセージをスキャンします。 テストメールの受信にかかる時間を短縮するには、受信ボックスを空にしておくことをお勧めします。

詳細設定

メールタイムアウト

電子メール配信のタイムアウト時間
を分単位で
指定します。 電子メールタイムアウトに達するまで、受信操作が繰り返されます。 指定した時間が経過すると、受信ボックスにメールが見つからない場合は、アラートが表示されます。

デフォルトでは、メールのタイムアウトは 10 分に設定されていますが、カスタム タイムアウトを指定できます。 Dotcom-Monitor でサポートされるタイムアウト時間の最大値は 1 時間です。

Dotcom-Monitor は、 電子メールタイムアウト 値で指定された時間、テスト電子メールの配信を待機するため、指定された 監視頻度に関係なく、テストが終了するまで、それ以上のデバイスタスクは起動されません。 これは監視の頻度に大きく影響する可能性があるため、監視頻度の値が 電子メール タイムアウト の値より大きいことを確認することを強くお勧めします。

大きな メールタイムアウト 値を持つタスクを設定するには、1 つのタスクを持つ別のデバイスを作成します。

DNS オプション

DNS オプション機能を使用すると、監視タスク中にドメイン ネーム サーバー (DNS) 要求を実行する方法をユーザーが選択できます。

ホスト名の解決モードを指定するには 、[DNS 解決モード] セクションで、使用可能なモードのいずれかを選択します。 機能の構成の詳細については 、「DNS モード オプション」を参照してください。

[カスタム DNS ホスト]セクションには、IP アドレスとホスト名のマッピングが含まれています。

マッピングを指定するには、対応するフィールドに IP アドレスとホスト名を入力します。

例:

192.168.107.246 example.com user.example.com userauth.example.com tools.example.com
192.168.107.246 example.com
192.168.107.246 user.example.com
192.168.107.246 userauth.example.com

参照 : DNS モード オプション

SMTP サーバーは、多くの場合、特定のホストの一覧からの接続のみを受け付けます。 障害なく監視を行えるようにするには、Dotcom-Monitor 監視エージェントをファイアウォールにホワイトリストに登録する必要があります。 現在の監視エージェントの IP アドレスへのリンクを次に示します。