定期メンテナンス中の監視を管理するオプションには、スケジュールされた延期とアラートの無効化の 2 つのオプションがあります。

オプション1

稼働時間の統計を「クリーン」に保つために、メンテナンス期間中のモニタリングを無効にすることができます。 スケジュールオプションは、一定期間(例えば1月23日、1月1時から1月24日、午後2時)、および再発期間(例えば、2010年1月23日から毎週土曜日の午後9時から午後11時まで)を延期するために使用されます。 監視は、特定の曜日に対して、また 1 日の特定の時間と分に対して延期できます。 スケジュールを設定するには、スケジューラタブの[ > 新しいスケジュールを追加]ボタンをクリック > して、要求された入力を入力します。 [デバイス一覧] タブの [監視スケジューラの編集] フィールドのドロップダウン メニューに、新しいスケジュールが選択可能なオプションとして表示されます > > 。

Scheduler_day_of_week (1)

Scheduler_time_intervals

オプション2

「クリーン」統計が問題ではないが、定期的なメンテナンス中にアラートを停止したい場合は、「警告の無音」の使用は、他のオプションです。 「警告の消音」はアラートを無効にし、スケジューラーオプションの使用は特定の期間の監視を停止します。 「警告の無音」オプションを有効にするには、デバイスリストのアクションボタンをクリックし、無効にする期間を選択します – 10、30、60、180分。