選択したサブスクリプション プランとテスト構成に応じて、LoadView を使用して特定の数のロード テストを実行できます。 この記事では、選択したサブスクリプション プランで実行できるテストの概算数を計算する方法について説明します。

利用可能なサブスクリプション プランは、 > アカウント アップグレード プラン > のロード テスト サブスクリプション を参照してください

一般的に、計画に関係なく、まずテスト デバイスとテスト シナリオを構成する必要があります。 テストの設定が構成されたら、テスト シナリオ ページのフッターに移動します。 フッターには、テストの実行にシステムで使用されるリソースの量(VUM および LI 時間) に関する情報を取得できます。 リソースの推定量はテストの設定に基づいており、それに応じて変更されることに注意してください。

LI 時間の使用状況は、テストに必要な LA の数とテスト期間に基づいて計算されます。 その結果、LI 0r の LI ペイロードでシミュレートされた仮想ユーザの数によって、LI の数が異なります。 LI あたりのペイロード制限は、実際のブラウザーと HTTP ベースのロード テストでロード テストが異なるため、同じ最大数の仮想ユーザーと期間で HTTP およびブラウザー ベースのロード テストを実行するには、異なる量のリソースが必要になります。

たとえば、仮想ユーザー数が 1000 人、期間が 40 分のロード テストを実行するとします。

HTTP ベースのロード テストの計算

上記の構成で HTTP ベースのテストを実行するには、2 つの LI (各ユーザーあたり 500 ユーザー) が必要です。 したがって、3762 VUM と 80 LI 分のリソースが使用されます。

スタータープランを使用している場合は、900000 HTTP ユーザー分と1800ロード インジェクタ分があります。 LI 分リソースが不足することが最も一般的なケースであるため、必要な LI 分に基づいて、スターター プランで実行できるテストの数を計算してみましょう。

テスト数 = 1800/80 = 22.5 または 22 ロード テスト

ブラウザーベース (Web ページ/Web アプリ) ロード テストの計算

実際のブラウザー ウィンドウで Web ページをロード テストする場合、LI あたりシミュレートされるユーザーの最大数は 8 です。 したがって、システムは126 LIを必要とし、1000ピークブラウザユーザーでテストを実行するために5040 LI分を使用します。 LoadView の料金に応じて、テストを実行するには、15000 LI 分の制限を持つ高度なサブスクリプション プランを使用する必要があります。 アドバンスドプランのテスト数の計算は次のようになります。

テスト数 = 15000/5040 = 2.9 または 2 ロードテスト

LI あたり 8 仮想ユーザーは、LI CPU の過負荷につながる可能性がある最大ペイロードであることに注意してください。 リスの最適な CPU 負荷を得るためには 、ペイロード値を調整 し、キャリブレーションされたペイロードでテストを実行することをお勧めします。