サービスがダウンした場合にすぐにアラートを受け取る

即時アラートを使用して、平均修理時間を短縮し、効率を向上させます。

カスタム アラート

高度なアラートの構成とオプション

カスタマイズ可能なアラートシステムは、エラー発生時に警告することで、ダウンタイムを最小限に抑え、顧客満足度を最大化します。

アラートの種類

アラート配信

アラートは、次の配信メカニズムの組み合わせを含む、さまざまな手段によって配信されます。

  • 電話
  • SMS テキスト メッセージ
  • 電子メール
  • ウェブフック
  • ページャーデューティ
  • スラックチャンネル
  • SNMP トラップ
  • サービスナウ
  • カスタム スクリプト

グループアラート

電子メール、ワイヤレス電子メール、電話番号、SMS デバイスなど、さまざまなメッセージ形式を使用して独自のアラート グループを作成します。 ワンステップインターフェイスを使用すると、監視対象デバイスにグループを簡単に追加できます。

グループアラート
時間帯別のアラート

時刻別アラート

グループまたは個人に問題が通知される時刻や曜日を選択します。 たとえば、午後 6 時に一晩のオンコール チーム メンバーに警告を自動的に送信.m週末のスタッフは土曜日の午前 0 時に開始します。

稼働時間アラート

問題が修正されたことを検出した後、アップタイムの警告メッセージを送信します。 任意の間隔でウェブサイトを監視し、可用性、基本的な応答時間、さらにはテキストベースのコンテンツ検証に関連する問題を探します。

アップタイムアラート
アラートのエスカレーション

アラートのエスカレーション

エラー条件の持続時間に基づいてアラートのエスカレーションを設定します。 たとえば、グループに対しては、10 分のダウンタイムの後に 2 番目のグループ、および 60 分のダウンタイムの後に 3 番目のグループに通知します。 アラートのエスカレーション時間間隔は、即時から 3 時間までで、10 分単位で利用できます。

複数の場所のアラート

複数の Web サイト監視エージェントによって問題が検出された場合にのみ、アラート・プロセスを開始します。 これにより、インターネット ネットワークの一般的な問題に関連するアラートを受信しないようにできます。

エラータイプフィルタ
カスタム スクリプトアラート

カスタム スクリプトアラート

ヘルプ デスク システムで問題チケットを作成したり、特別にフォーマットされた電子メールを作成するなど、特殊なアラート オプションが必要な場合は、カスタマイズ可能なアラート スクリプトを利用してください。 これらのアラートを受け取るように個人またはグループを構成します。

Web サービスのパフォーマンスを常に把握する。

30日間無料トライアル。 クレジットカードは必要ありません。