2014 年は Dotcom モニターで付加価値を持って開始 – 新機能の更新

リリース 9 ノート - 機能と機能の更新。 Dotcom-Monitor は、パフォーマンスを向上させ、柔軟性を高め、ユーザーが監視をより詳細に制御できる機能を追加し続けています。

リリース 9 の注意事項 – 機能と機能の更新

2014 年の機能と機能の更新プログラムの最初のは、Dotcom モニターに行われました。

ドットコムモニター

機能の追加

モバイル監視 – iPhone4、iPhone5、iPodTouch4、iPodTouch5、iPad1、iPad2、iPad3、iPad4、iPadMiniを含む、選択されたアップルデバイス上のモバイルブラウザを使用してブラウザビュー監視。 [Read More]

での有効なメールの監視を利用できるようになりました 。ユーザーパス = 新しい監視デバイス > サーバーを追加するサーバービュー監視 > ActiveSync メール タスク > デバイスのセットアップ > /ActiveSync タスクのタスクの種類の追加/タスクの編集を続行します

複数の DNS オプション は、デバイス キャッシュ、非キャッシュ (ServerView のみ)、存続時間 (TTL) キャッシュ、および対象 DNS “外部 DNS サーバー” を含む、サーバー ビュー、ブラウザー ビュー、および UserView プラットフォーム内で特定の種類の DNS 監視を提供します。ユーザー パス = デバイス > の編集/続行 > タスク DNS オプション DNS > > 解決モード
[Read More]

  • デバイスキャッシュ(デバイスのホスト URL DNS は、最初の監視インスタンスを使用してルート DNS に伝播した後にキャッシュされ、新しい会社で新しいコンピュータを持つ新しいユーザーが経験するプロセス)
  • 非キャッシュ;(サーバービューのみ)、ルート DNS に伝播する DNS を監視する各インスタンスの新しい検索
  • TTL キャッシュ ;(「ユーザーエクスペリエンス」「DNSは監視をキャッシュ」、Webサイトへの最初の訪問後にオンラインユーザーが体験するプロセス)
  • 外部 DNS サーバー(DNS サーバーのターゲットは、DNS プロセスによって自動化されるのではなく、ユーザーによって指定されます)

DNS サーバーの監視には、いくつかの新しいカスタム オプションがあります。を含む: レコードの種類 (A、AAAA、NS、CNAME、SOA、TXT、MX、PTR、SPF)、再帰必要なフラグ (はい、いいえ)、応答の確認 (すべてのサーバー、最初のサーバー)、サーバー タイムアウト フィルター、期待される応答、期待される権限、期待される追加、DNS 解決モード (デバイス キャッシュ、非キャッシュ、TTL キャッシュ、外部 DNS サーバー)。 ユーザーパス = サーバービュー > 新しい監視デバイス > DNS サーバー > デバイスのセットアップの追加/クリック追加 > /タスクの編集の続行 [Read More]

[今すぐ実行] をクリックすると、特定のデバイスのインスタント テストがプッシュされます。 [今すぐ実行] で、有効なすべての監視場所エージェントからテストを実行します。 テストは、そのデバイスのレポート内で追加のテストとして表示されます。 UserView内のすべての監視エージェントの場所からのテストのビデオは、オンラインレポート内で利用可能になります。ユーザーパス = デバイス > アクション > が今すぐ実行

[divider top=”no”]

追加された機能

コメントの開始日または終了日によるコメントの並べ替え、USER PATH = > コメント ログの > 開始日の構成列/終了日列

「すべてのステップで編集」をクリックすると、UserViewスクリプトをダウンロードしてEveryStepスクリプトツールを開くことで、スクリプトを編集できます。USER PATH = デバイスをクリックして > デバイスのタスクのリストを開く タスクの > アクション > をクリックして「すべてのステップで編集」リンクをクリックします

ブラウザビューとユーザービューの滝レポートの概要にエラーチャートを追加しました。ユーザー パス = ブラウザービュー > デバイス ABC > アクション > レポートの選択基準を入力し、[レポート] > 送信 > 左側のウォーターフォールチャートアイコン(赤/黄色/青)をクリックします > [エラー]タブ

サーバー ビュー、ブラウザー ビュー、およびユーザー ビューの概要レポートに変更の選択条件を追加しました。

  • サーバービュー;USER PATH = [デバイス > アクション > ] レポート > 入力レポートの選択基準 (監視場所、応答フィルタ、スケジュール、開始日、終了日) を選択し、[送信 > ] をクリックして [選択項目の変更 (イオン) 基準] リンク > 入力の新しいレポート選択基準 (すべての場所/詳細 (場所) 選択、応答フィルター、スケジュール、(日付) 範囲) をクリックして適用します。
  • ブラウザビュー;USER PATH = [デバイス > アクション > ] レポート > 入力レポートの選択基準 (監視場所、応答フィルタ、スケジュール、開始日、終了日) を選択し、[送信 > ] をクリックして[選択の変更(イオン)基準 > ]リンクの新しいレポート選択基準(すべての場所/詳細(場所)選択、応答フィルタ、スケジュール、(日付)範囲)をクリックして適用します。
  • ユーザービュー;USER PATH = [デバイス > アクション > ] レポート > 入力レポートの選択基準 (監視場所、応答フィルタ、スケジュール、開始日、終了日) を選択し、[送信 > ] をクリックして[選択の変更(イオン)基準 > ]リンクの新しいレポート選択基準(すべての場所/詳細(場所)選択、応答フィルタ、スケジュール、(日付)範囲)をクリックして適用します。
[divider text=”top”]
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print